健康

緑内障に対するレーザー治療法 【SLT】(選択的レーザー線維柱帯形成術治療)とは

 

緑内障という病気はいつ誰に起こるかわからない怖い病気です。

我々が医師や病院、治療に期待することは、今抱えている症状から完治させてもらう事ではないでしょうか。

 

そう思っても、全ての病が完治するわけではありません。

緑内障という眼の疾患も完治は難しい病気です。

しかし症状の進行を防ぐための方法はいくつかあります。

 

その中で今日はSLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)という治療法について調べてみましょう。

 

緑内障とは

そもそも緑内障とは、現時点で日本人が失明するリスクがもっとも高い病気です。

40歳以上の20人に1人はこの病気に悩んでいるというデータもあります。

 

緑内障になると気付かない間に視野欠損が進み、自覚症状が現れた時はすでに視神経の半分が障害を受けていると言われています。

 

原因

眼内の房水と呼ばれる透明の液体が流れています。

角膜と水晶体を健やかに保つために必要で、絶えず同じ速度で産生・排出されることが理想です。

 

しかし排出される出口の線維柱帯に障害が起こると眼圧が上昇し、緑内障でもっとも多く見られる開放隅角緑内障を発症します。

 

治療目的は眼圧の低下

緑内障は眼圧が上がることにより視神経が破損し、視野欠損及び視野狭窄が進行します。

一度障害を受けた視神経は元には戻りませ。

 

そのため緑内障の治療の第1目的は視神経が圧迫されない水準まで眼圧を下げることになります。

 

緑内障とはいつまで付き合うの?

先述したように緑内障は完治が難しい病気です。

例えるなら高血圧の場合に似てるかもしれませ。

患者さんに合った血圧値目標を定め、それに対して食事や薬で血圧降下に励みます。

 

緑内障も適正眼圧を定め、目標値まで下げることが基本です。

主な治療法は薬(点眼内服)、レーザー治療、手術です。

 

緑内障は治らない病気なので、このいずれかの治療法を用いて一生管理が必要となります。

 

SLTという解決法

SLTとは『選択的レーザー線維柱帯形成術』の略で、眼圧低下に有益なレーザー治療法です。

低いエネルギーの短パルスを房水の排出経路である線維柱帯に照射することにより、自然治癒を誘発して房水の排出機能を改善させます。

 

眼内にレーザーと聞くと怖いかもしれませんが、非常に低出力のため眼内構造に損傷が起こる心配はありません。

 

治療法

点眼薬治療法

まず緑内障と診断されると点眼液が処方されます。

点眼は比較的容易な処置法で、しかも続けると有意に眼圧の低下が見られます。

しかし点眼を忘れると眼圧はすぐに上昇するので、毎日の点眼が一生続くと面倒と思う方も多くいます。

 

SLT治療法

一方SLTも点眼同様に診断初期から処置法として選択可能で、1回のレーザー治療で2~3年間効果が持続します。

また、2~3回繰り返すことが可能なので、しばらくは煩わしい点眼液を使用せずに済みます。

 

ただし個体差があるので、レーザー治療後有意に眼圧が低下しない場合は点眼の必要性も有ります。

 

Q&A

Q.痛みは?

A.個体差はありますが、痛みはありません。

 

Q.治療時間は?

A.通常5~10分程度、外来で可能。

 

Q.効果の度合は?

A.点眼を始める以前にSLTを行うと高い確率で効果が期待できます。 しかし点眼液を複数種使用後なら有用である確率は低下します。その場合は手術を検討します。

 

SLTと点眼のメリット&デメリット

上記表現からするとSLTが有用と思われがちなので、分かりやすく双方を比較してみましょう。

治療方法

点眼薬・・・  毎日決まった時間に行う

SLT ・・・治療前に点眼麻酔→レーザー照射

 

費用 (3割負担)

点眼薬・・・2年間で36,000~72,000円

STL・・・ 54,000円 (両眼)

 

メリット

点眼薬・・・

  • 手軽に始められる
  • 一回の診察代が安い
  • 保険適応

STL・・・

  • 繰り返し治療可能
  • 一回の治療で2~3年効果が期待できる
  • 毎日の点眼の煩わしさがない
  • 保険適応

デメリット

点眼薬・・・

  • 毎日の点眼が面倒
  • 点眼薬によるアレルギーの可能性がある

STL・・・

  • 一回の施術費用が高い
  • 全ての患者に選択可能ではない

 

サプリメントという考え方

予防したいけどどうすれば?

いかがですか?

緑内障という病気の初期治療方法としては、点眼薬以外に『SLT』という選択肢もあります。

 

しかし眼圧が上昇し続けてSLTが選択できない場合もあります。

その場合は手術を選択することになります。

簡単に手術と言いますが、患者さんにすればやはり避けたいところです。

 

 

私の仕事はこういったテーマで全国のお客様に、少しでも眼病予防の重要性を知ってもらう活動をしています。

『治療法』のコーナーでは、点眼薬とSLTと記しました。

しかし毎日の点眼という煩わしさや、レーザー治療にかかる高額な費用を考えれば手放しで行えることばかりではありません。

 

でも簡単にできることがあればやってみたいと思いませんか?

眼科受診の際に『点眼は毎日しないと失明しますよ』とか『SLTはもうできないので手術しましょう』と言われないためにも。

 

ミルトジェノールとは?

私は栄養成分の分析研究をしていますが、その中でも最近は『ミルトジェノール』という天然成分が注目されています。

 

詳しくはまた別記事で述べますが、この栄養成分を毎日基準量飲むだけで眼圧の上昇を抑制することに有益であると分かってきています。

これは特許としても認められており世界148カ国で活用されている、海外では多くの実績がある成分です。

日本でも一部企業がミルトジェノールを取り扱っているので、眼圧抑制のために試してみるのも良いかと思います。

 

下記は私もよく知る商品『ナチュラリープラス スーパールテインミルトプラス120粒』にはミルトセレクトも含まれています。

参考までですが、予防として摂取するならこういった形状のものが良いかと思います。

 

 

もちろん眼病は緑内障だけではありません。

その他の病気についても順次調べていきたいと思います。