旅

🚃ことでん(高松琴平電気鉄道)で一駅だけ乗車!この時代には珍しい、キップにハサミって一体?

『一鶴高松店』での夕食も終わり、高松駅に戻ります。

商店街を歩けば10分ぐらいで着く距離ですが、今回は一駅だけ電車に乗ってみることに。

最寄り駅の『片原町駅』へ。

 

なぜ歩かないかといいますと、今まで『ことでん』に乗車したことないからです。

まあ乗り鉄が、ただ記念乗車をしてみただけの話です💦

 

しかし驚くことがありました。

 

まず券売機で購入したキップがペラペラの紙で出来ており、裏も白くて情報を読み取るような装置が全く仕込まれておりません。

 

そしてこの状況なら当たり前ですが、券売機で購入したキップが何と自動改札を通すことが出来ないのです。

 

都会と同様の自動改札機があるのになぜ?って思ったら。

実は自動改札機はICカード専用で、購入したキップを通す口が最初から無いのです。

 

確かに昨今はICカード利用者が多くなっているのでそれもありかと思いますが、ちなみに「ことでん」で使いえるカードはIruCa(イルカ)という種類しか使用できません。

ICOCAやSuicaは使えませんので、地方から来た人はキップを買わざるを得ないので、入場方法に迷う方も多いと思います。

 

何年振りでしょうか、キップにハサミなんて。

20年以上前の高校時代にはまだあったような気がします。

 

それはさておき、無事に改札を通過し列車を待ちます。

向かいのホームには帰宅を急がれる方々で混雑してました。

 

私は終点の高松築港駅まで一駅しか乗らないホームにいたので、ガラガラでした。

 

そうこうしている間に列車が出発しました。

 

先ほどお昼に散歩した玉藻公園のそばを通過します。

 

わずか3分の電車旅ですが、これでも楽しいのが乗り鉄ってもんです。

 

今度は機会があったら、金毘羅山方面の琴平駅まで乗ってみたいものです。

 

本日の最終はJR高松駅。

四国スマイルステーションが可愛く出迎えてくれました。

 

今日は朝から忙しかった💦

おつかれさまでした~(^^♪

高松琴平電気鉄道株式会社