旅

🚃近鉄特急アーバンライナーのデラックスカーに乗って大阪難波から名古屋に行ったら超快適だった

明日からの東海地区でのセミナーに備え、

日曜移動の今日は難波から近鉄に乗って出発しようと思います。

通常は新大阪から新幹線で名古屋を目指しますが、時間的に余裕もあり価格も抑えられるアーバンライナーで、しかもJRでいうグリーン車こと『デラックスカー』に乗って行ってみました。

ちなみに価格をお伝えしておくと、大阪難波-名古屋間の特急料金込み価格が4,260円。

それにデラックスカーの追加料金510円を足して、合計4,770円が近鉄の価格。

所要時間は2時間9分。

一方新幹線は新大阪から50分で名古屋に到着しますが、料金は自由席で5,580円。

時間は倍ほどかかるものの、デラックスカーに乗って料金の差額が810円にもなるのはやはりお得ですね。

さっそく難波駅で切符を購入しようと思いましたが、窓口には長蛇の列が。

新幹線の切符も大勢の方が窓口で行列をなしているのをよく見かけます。

実際には券売機でも特急券は購入できるわけですが、幾分使用方法がわからない方が多いのかも。

私は行列には並ばずに券売機にて乗車券+指定券を購入しました。

 

16時の出発までには1時間ほどあるので、いつも行きなれたカフェで先ほど食べた『普通の食堂いわま』の記事を書いていました。

裏難波・道具屋筋グルメ【普通の食堂いわま】で極ウマ定食を食べてきた

 

あと近鉄難波駅構内は出発までの時間も結構楽しめます。

土産物店はもちろん、書店や飲食店

カットサロンのQBハウス

仕事後のサラリーマンにはもってこいの立ち呑み屋さんもあります。

16:00発アーバンライナーネクスト近鉄名古屋行は大阪上本町・鶴橋を出発した後、三重県の津駅までノンストップなのでお乗り間違えにはくれぐれもご注意を。

指定したのはデラックスカーの1号車11番C席。

こちらは名古屋進行方向に向かって左の窓側。

デラックスカーは3列で全てのシートが独立型になっています。

ちなみに11番は最前列から2列目のシートになるので、運転席からの景色を幾度となく見に行ける、乗り鉄には格好のべスポジでありました。

フットレストあり。

開いて使用の場合は靴を脱いでくださいね。

リクライニングは電動ボタンで。

読書灯も完備。

これらは新幹線のグリーン車に劣らない設備です。

しかし強いて言えば電源コンセントがあればっつー感じです。

あとシート設備としてはテーブルですね。

アーバンライナーのテーブルは非常に細長いので使い勝手はあまり良くないです。

小型のノートパソコンがギリギリなので、デスクワークをされるビジネスマンにとっては少し難ありです。

車内販売も回ってくるので、お弁当や飲み物を買い忘れた場合でも心配なしです。

約2時間の旅もようやく終了。

到着前はうとうとと居眠りしてしまいましたので、到着5分前の車内放送で起こされた感じです。

アーバンライナーは通常のビスタカー(黄色い車体の特急)よりも揺れが少なく、快適に過ごせる上、今回はデラックスカー使用だったのでさらに快適に過ごすことが出来ました。

名阪間を移動されるのに時間の余裕のある方は、ぜひ近鉄特急アーバンライナーに乗ってみてはいかがでしょうか。

さあ明日からもセミナー頑張るぞー(^◇^)