WEB

初心者でもわかるGoogle サーチコンソールの登録方法【WordPress】

Google Search Console(サーチコンソール)とは、グーグルが無料で提供しているサイト管理ツールです。

主な役割は、サイトやブログの状態を把握したり、検索結果でのパフォーマンスを分析したりすることなので、もし、あなたがWEBサイトやブログの運営者であれば、必ず登録しておくべきツールです。

(以前はGoogle ウェブマスターと呼ばれていましたが、2015年5月20日に名称が変更されました。)

今回はそんなGoogle Search Console(サーチコンソール)の登録方法を解説していきます。

Google Search Console(サーチコンソール)の登録方法

まずGoogle Search Console(サーチコンソール)に登録するためには、こちらのページでGoogle アカウントにログインする必要があります。

【メールアドレス】を入力して【次へ】をクリック。次のページで【パスワード】を入力してログインボタンをクリックすればログインできます。

もしアカウントをまだ持っていないのであれば、アカウントを作成してからログインしてください。

ログインが完了できたら、「Seach Consoleへようこそ」というメッセージが表示されるので、【サイトのアドレスを入力】して【プロパティを追加】をクリックしてください。

次に【別の方法】をクリック。【HTML タグ】を選択してください。

それから赤で囲ってあるコードを【コピー】。このコードをサイトの<head>セクション内に埋め込むことによって、Google Search Console(サーチコンソール)でサイトを管理できるようになります。

それでは早速、<head>セクション内に貼り付けてみましょう。

ワードプレスにログインして【外観】⇒【テーマ編集】⇒【テーマヘッダー】ファイルをクリック。

青で囲った</head>のすぐ上に、先ほどコピーしたコードを貼り付けて、ファイルを更新してください。

貼り付け終わったら、サーチコンソールの画面へ戻って【確認】をクリック。

「サイトの所有権が確認されました」のメッセージが表示されたら、上手くいったという事なので、そのまま【続行】をクリックしてください。

これでGoogle Search Console(サーチコンソール)への登録は完了です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

孫子の兵法でも「敵を知り己を知れば百戦殆からず」と言われているように、競合サイトをリサーチするだけでなく、自分のサイトの状態を知ることはとても重要です。

そのためにもGoogle Search Console(サーチコンソール)に登録して、今の自分のサイトやブログが、今どういった状態なのかを理解しておく必要があります。

  • どのようなサイトからどのページにリンクが貼られているのか
  • どのような検索キーワードでクリックされているのか
  • どのようなキーワードで平均何位に掲載されているのか
  • グーグルからどのようなサイトと認識されているのか
  • 検索結果に表示された記事が何%の確率でクリックされているのか

このような事がわかるようになるので、サイトやブログを立ち上げたら、まずGoogle Search Console(サーチコンソール)への登録を済ませましょう。