グルメ

見た目はまさにオムライス!広島駅前ひろばの【電光石火】でふわふわお好み焼きを食べてきた

ここ最近はケンミンに聞いた地元民が行く名店を探検しましたが、本日のランチは観光客なら一度は行ったことのある!? 『ひろしまお好み物語 駅前ひろば』に行ってみました。

この『駅前ひろば』とは広島駅南口より歩いてすぐの、お好み焼きのテーマパークゾーンのことです。

広島東郵便局の目の前に立つビルの6階にそのテーマパークは存在します。

個性豊かなお店が16店舗も並んでおり、一度は訪れたくなるお好み焼きの聖地です。

広島の観光名所|ひろしまお好み物語 広島駅前ひろば

 

そんな中、私が訪れたのは見た目が一風変わったお好み焼きを提供してくれる『電光石火』さんです。

こちらのお店は「駅前ひろば」以外にも、市内に数店舗を構える有名店です。

その人気振りときたら、お昼時からも結構な満席状態です。

 

順番待ちをしているとラッキーなことに約10分ぐらいでカウンター席に通してもらえました。

オーダーは待ち時間から決めていましたが、店名と同じ『電光石火(1,050円)』。

 

ちなみにその他メニューはこちら。

 

待つこと10分ほどで目の前の鉄板に『電光石火』が鎮座します。

生地の周りをふわふわの玉子で包み込み、味のアクセントに大葉を使用。

空気を入れてふんわり焼いているので、野菜の甘みや旨みが存分に味わるのが特徴です。

大葉がいいアクセントになっていて、見た目の洋食感からは少し意表を突く和テイストが基本スタイル。

玉子をオムライスのように包むのが、マスターの見せ場ですねー(^^♪

断面も具材とそばが盛々ですね。

 

味としては一般的なテイスティングと変わらない、美味しい広島のお好み焼きですが、こちらが商売上手なのはやはり料理の見せ方ですね。

出来上がりが絵になります。

 

また働くスタッフもマスター1人+美人女子4人の合わせて5名が、元気に活気よく接客されていました。

少し気になるとしたら、このお店だけに関することではないですが、ビルの6階がズドンとお好み焼き屋さんばかりで、全ての店舗が通路に面しています。

なので冬場は隙間風か吹きやすく寒い場合があるので、建物内とはいえ時期によりそういった対策も必要かと思います。

 

ヤバい!! お腹の中はお好み焼きしか入っていません💦

本日もごちそうさまでしたーー(^^♪

電光石火 (でんこうせっか) – 広島/お好み焼き [食べログ]