グルメ

見た目がすごい岡山グルメ!オランダ通りの【ラーメン西本】で『えびめし』を食べてきた

広島のお好み焼きシリーズとは離れて、夕方からは岡山にやってきました。

ちなみに本日はソフトバンクのスーパーフライデーなので、サーティーワンアイスクリームをゲット(^^♪

 

夕食はどうしようか思い、「やはりご当地グルメを食べないと」ということで調べた結果、『えびめし』を食べることにしました。

それを食べログで検索すると出てきたのが、オランダ通りの『ラーメン西本』さん。

ではさっそく行ってみましょう。

 

お店は県庁通り電停近くにあります。

岡山駅から市電で6分ほどですが、私は健脚なので歩いて20分程でお店に到着しました。

 

『えびめし』とは岡山県のB級グルメとして人気を誇るメニュー。

単純にエビが入ったソース味のピラフだが、真っ黒に痛めた見た目にはやはり強烈なインパクトがあります。

しかしもともとこのメニューは東京渋谷で生まれ、暖簾を分けながら県内の洋食店「いんでいら」が拡散させたとのことです。

このお店でも45年の伝統の味を受け継いで、人気メニューとして料理されています。

えびめし – Wikipedia

 

オーダーしたのはおすすめの『えびめしセット(980円)』。

 

 

ラーメンは醤油と塩から選べますが、私は定番の醤油味をチョイスしました。

その他メニュー①

その他メニュー②

その他メニュー③

 

私が入店したのが20時を過ぎており、ピークタイムは終わっている様子。

カウンター席に座りましたが店内は非常に明るく、おしゃれラーメン店って感じ。

マスターの趣味なのか、BGMはジャズが選曲されており、これまたラーメン屋との趣向は違う感じがしました。

 

待つこと8分でオーダー品がテーブル前にやってきました。

 

 

ラーメンの麺は全粒粉を使用したこだわり麺を使用。

奥には製麺場があるほどの、麺にはこだわりのお店です。

スープはあっさりしており、麺の味と食感が落ち着きを出しますね。

 

そして出た出た『えびめし』の登場。

一見濃くてだだっ辛い雰囲気ですが、口に含んでみると甘みを感じるほどです。

ん~、フルーツがたくさん入ったソースで炒めたって感じの表現かな。

プリプリえびがちりばめられ、トッピングの錦糸卵とのコントラストも見栄え良しですね。

簡単に言うとソース炒飯ですが炒め油にも旨みがあるので、またリピートしたくなるお味でした。

 

セットのコールスローもシャキシャキ食感で美味しくいただけました。

ごちそうさまでした。

 

ラーメン西本 – 県庁通り/ラーメン [食べログ]