グルメ

山椒のピリ辛が決め手!広島市中区の【中国料理 菜心】でラーメンランチを食べてきた

まだまだ暑い日が続く広島市内ですが、本日は定期的に訪れる十日町にやってきました。

 

お昼の時間になったので、ランチの新規開拓ということで訪れたのは『中国料理 菜心』さんです。

 

こちらはお昼の時間になると、近隣のサラリーマンで一瞬にして満席になる人気店です。

 

早速メニューを確認しますが、今日は『醤油炒飯と葱油麺(800円)』をオーダーしました。

 

待つこと10分ほどでラーメン&炒飯のセットが到着しました。

 

まずはスープからいただきますが、金色透明な汁は塩味ベースに山椒+油が混ぜ合わせてあるので、一般的な塩ラーメンとはまた違う濃く深い味に仕上がっています。

 

輪切りでないシャキシャキ葱が乗っていて、食感よく食べることが出来ました。

 

炒飯も色の割にそこまで濃くはないので、ラーメンとの相性も抜群でした。

本日も美味しいランチをありがとうございました。

ごちそうさまでした。

 

中国料理 菜心 – 十日市町/中華料理 [食べログ]