旅

🚃紀勢街道を北上!【特急くろしお号】で和歌山まで帰ってきた

昨夜に紀伊田辺に到着したばかりですが、セミナーが終われば即和歌山へ戻ります。

せっかく紀伊田辺に来てどこにも行かないのは勿体ないので、仕事前にホテル周辺を少し散策しました。

 

ちなみに今回泊ったのは紀伊田辺駅から歩いて10分もかからない『アルティエホテル』。

 

朝ご飯は数種類のパンを中心とし、オムレツをその場で作ってくれる洋食スタイルです。

 

朝食後は近くの海水浴場、扇が浜を散歩します。

正面中央の茶色い建物は、超高級ホテル『川久』さんです。

昔に一度だけお仕事で泊まりに行ったことがあります。

 

そのあと立ち寄ったのは2016年10月に世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に追加登録された『鬪雞神社』。

 

こちらは壇ノ浦合戦で源氏を勝利に導いた熊野水軍の伝説が今に伝わる神社です。

 

この後セミナーに向かい、終了後はまたまた紀伊田辺駅から和歌山駅へ戻らなければなりません。

昨日と比べて今日は晴天に恵まれていたので、車窓からの撮影を今度こそは楽しみたいと思います。

 

16:32発 くろしお26号で和歌山駅へ向かいます。

 

復路は297系列車に乗車させていただきます。

 

トンネル内の撮影でしたが、平日なので帰りもほとんど貸し切り状態です。

 

やはり海岸線を走る列車なので、津波対策の案内文も重要ですね。

 

南部駅の手前で海岸線が見えてきました。夕日がきれいに映っています。

 

日本の珍スポットにも出てくる南部の『かえる橋』も走行しながらですがバッチリ撮影できました。

 

先ほどまで晴れてましたが、海南駅付近に戻ってくると雲行きが怪しくなってきましたね。

 

そうこうしている間に和歌山駅に到着。

 

新大阪駅行きの列車を見送って本日の移動は終了です。

 

紀伊田辺‐和歌山間は約1時間なのでそんなに疲れることも無かったですね。

 

本日も楽しい移動時間をありがとうございました(^^♪

くろしお 287系:JRおでかけネット