グルメ

高山の定番グルメ!【М(エム)】でA5ランク飛騨牛のとび肉ラーメンを食べてきた

 

平成29年9月17日、ワイドビューひだ号で揺られること4時間20分で高山駅に到着。

 

それまでに食したのはサンドイッチのみだったので、もうお腹はペコペコです。

なのでご当地グルメを目指して街中に進出していきましょう。

 

高山散策

本日の高山界隈は3連休の中日ということもあり、街並みには大勢の観光客があふれかえっていました。

 

高山に来たのだからもちろん『高山ラーメン』を食べようと思い、一番人気店の『麺屋しらかわ』さんに立ち寄りましたが、長蛇の列過ぎでこの後ろで待つことはあきらめました。

高山ラーメン散策

『麺屋しらかわ』に行けないのならどうしようかと悩み、思いついたのが4月にも訪れた中華そば専門店『M(エム)』さんです。

 

前回の記事にも書きましたが、こちらは近所にあるフランス料理の姉妹店で、ラーメンらしからぬラーメンメニューがたくさんあります。

⇒高山の定番グルメ!【M(エム)】で飛騨高山中華そばを食べてきた

 

改めてメニューを確認しますが、やはり前から気になっていた『A-5飛騨牛とび肉塩そば大盛(1,600円)』を注文することにしました。

 

食券機でチケットを購入します。

 

一日45食の限定メニューなので残っているかが心配でしたが、まだ昼過ぎと言うこともあり無事にオーダーすることが出来ました。

 

実食 飛騨牛とび肉ラーメン

待つこと10分ほどでメニューが到着します。

A-5ランクの飛騨牛がラーメン鉢からはみ出る形で浮かんでいます。

 

まずは肉から食べます。

早く口に入れないとスープの熱で火が通ってしまうからです。

んーーーー! 生肉でも旨い!

 

スープはあっさり塩味。

なのでテーブルセットのブラックペッパーなどで調味するとより一層深みが増しますね。

少し色が濁っているのは肉の灰汁が出てしまったせいでしょう。

 

麺は玉子縮れ系で誰もが好む食感だと思います。

 

まとめとして強いて言えば、塩味が薄すぎる気がします。

中華そばなのであっさり系なのはよいですが、私的にはトータルとしてパンチに欠ける味です。

まあ肉の味を噛みしめようと思うと、これぐらいのテイストがちょうど良いのかもしれませんが。

 

ラーメンのみならベーシックな『飛騨高山中華そば(700円)』がオススメですね。

 

本日もごちそうさまでした。

 

飛騨高山 中華そば専門店 M エム – Le Midi

 

 

高山ラーメン特集はこちら!